2009年01月18日

伝統派の運足の問題点

先週と昨日の稽古で、気がついたことがある。

どうも伝統派空手(この呼び方は嫌いだが・・・)をやっている人たちの運足に、共通の問題点があるようだ。

問題点とは、そのルール上からくる軽快なフットワークによる間合いの短さである。

何をバカな!・・・・・・・・・・・・・・・・・と思われる方も多いだろう。

フルコンに比べて、伝統派の方が間合いを取って、スピード感あふれる試合をしているじゃないか・・・・・・・・・・・と。

私は、フルコンと比べているのではない。

その人本人の可能性と比べているのだ。


もっと間合いが伸びるのに、わざわざ間合いが伸びない運足をしている。

因みに昨日注意したのは、現役の大学空手部員である。

直ぐに注意し、運足を修正させてみた。

明らかに間合いが伸びるのだ。

本人も自覚したらしい。



しかし、なんでそうなるのか・・・・・・・・・・・それが問題である。


いくつか心当たりはある・・・・・・・・

今までも、日本人の間合いは短いという指摘は、海外からあった。

現時点でそれが明確に解かるのは、チャンプがだしているビアモンティのDVDである。

ビアモンティは日本人の突きと海外の突きを比べて、日本人のやり方は間合いが短いと指摘している。

その指摘は、民族的な身体的特徴として、手足が短いと言っているわけではない。

今まで、基本の解釈からくる問題だと思っていた。

しかし、問題はもっと複雑なようである。

伝統派のルール上の問題とその戦い方ともリンクするのである。


もう少し時間をかけて、調査してみようと思う。

雑誌の特集として発表すると、面白いかも・・・・・・・・・
posted by 桧垣源之助 at 22:44| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 運足 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月19日

倍速の蹴り2

今日は特別稽古でした。

続きを読む
posted by 桧垣源之助 at 20:48| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 運足 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月18日

倍速の蹴り

前から暖めていた蹴りの方法を生徒に教えたところ、蹴りの初動から到達までが倍速になったと報告を受けました。

暖めていたというより、久保田先生に宿題を出されていたものですが、やっと回答をできる状態になってきました。
しかし、先生はもう亡くなっているし・・・

今度、特集でも組もうかなぁ。
posted by 桧垣源之助 at 22:28| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 運足 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月10日

運足

空手が本土に紹介されたときに、誤解されて伝わってしまったものに運足があります。
静止した状態と動いている時の状態が、入れ違ってしまっています。
これは、写真では静止した状態しか撮れなかったのと、初心者用の練習と上級者用の練習の違いを認識できなかったことによると思われます。

続きを読む
posted by 桧垣源之助 at 23:10| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 運足 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする