2010年10月17日

釵のメンテナンス

20101017151944.jpg

釵を投げる練習をしてから、塗装がハゲたのか錆るようになってしまった。

オイルを塗ったりして誤魔化していたが、だんだん酷くなってきたので、

今日は思い切って再塗装することにした。

写真は、サンダーで釵の錆を落として比較したところ。

このあと、錆び止め塗料を塗った。

posted by 桧垣源之助 at 17:49| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 古武道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月14日

手裏剣打ち

土曜の夕方、古武道を練習するグランドの端に行ったら、1人しか来ていませんでした。

「他の人は?」と聞くと、

「今日は、練習の告知がありませんでしたよ」言うではないか・・・・

私が、書き忘れたようだ・・・・・・・・・・

その一人も、今日は古武道の稽古がないと思っていたらしく、釵をもってきていなかった・・・・

仕方ないので、私が持ってきた棒と釵で、組稽古をやることにした。


最後に、周りに人がいなかったので、釵を手裏剣打ちにする稽古をやってみた。

中学高校の頃、最初の師によくやらされたことを思い出す。

それ以来、釵を投げる稽古はしていない・・・・・・

久しぶりにやってみると、なんとか刺った。

まぁ、鉄の塊なので、刺さらなくても相手に当たれば倒れるとは思うが・・・・・・

でも、こういう練習は楽しい。
posted by 桧垣源之助 at 12:51| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 古武道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月06日

釵術

昨日は、通常の稽古前に釵を指導しました。

いつもは棒術ばかりでしたが、リクエストがあったの釵を稽古してみました。

・基本の振り
・ケガをしないための注意事項
・基本の12挙動
・基本の12挙動を用いた棒との組稽古
・津堅志多伯の型



posted by 桧垣源之助 at 15:39| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 古武道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月23日

琉球古武術

夏場だけ、屋外で琉球古武術をやるようにしています。

今年は、天候不順で、いつもより遅れたスタートとなりました。

昨日は、通常の稽古の前に、1時間ほど棒術をやりました。

内容は、基本の素振りと15本連続組手と佐久川の棍(小)です。

15本連続組手は、こんな感じです。




通常の稽古に、フルコンの経験者が体験で参加されました。

ニューヨークに本部がある団体なので、拳サポがアメリカンチックでした。
posted by 桧垣源之助 at 15:07| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 古武道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月27日

スルチン組手

年に何回か、参加者が少ないときがあります。

今日は年度末のせいか、少ない日でした。

こういう日は、通常稽古とは違うことをやることにしています。

今日も、最初から最後まで、まったく違う稽古でした。

まぁ・・稽古というより、実験といった方がいいかもしれません。

そのうちのひとつに、スルチンでの自由組手をやってみました。

スルチンとは、分銅鎖の一種で、琉球古武術に含まれるものです。

語源は、シュロ(縄)+鎮(チン:おもり)だと思われます。


昔は、こういう武器には興味がありませんでした。

だって、グニャグニャした武器を、相手に当てられると思っていませんでしたから・・・・


ケガをしないように、練習用のスルチンと頭部にスーパーセーフをつけて行いました。

思っていたよりも、護身用としては実用的でした。

今回は相手もスルチンであったため、何度が絡まってしまいました。

右手のコントロールは、なんとかなりましたが、

左手でやってみるとコントロールに問題が・・・

左右同じように練習しているはずが、やはり違いました。

また、参加者が少ないときにやってみたいと思います。

**************

スルチンの特徴

携帯しやすく威力もあるが、扱いを修得しなければ、使えないばかりか自分が危険である。

威力:大
射程:長
重量:少
携帯:易
扱い:難
修得:短
価格:安
作成:易
相手:避けるのが難しい
弱点:攻撃の間、防御、狭い場所、天井の低い場所
練習:一人練習可
posted by 桧垣源之助 at 23:21| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 古武道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月08日

スポーツチャンバラ

ある地方の200人近くが参加したスポーツチャンバラ大会に、
我が門下から参加し、一般部優勝、ベスト8、少年部準優勝二人と
いう結果となりました。

普段から空手の稽古でやっているスイッチステップを使った戦い方で、他を圧勝したとのこと。

すばらしい!


武器術も型や組稽古だけでなく、スポーツチャンバラのように
安全な道具で試合をしてみるのも、よい稽古になると思います。

スポーツチャンバラの試合は、どこを当ててもポイントとして取ってくれるので、古流武術の技が有効に使えるのです。

私自身も、昔にスポーツチャンバラで、まともにやったら勝てない剣道5段の先輩に、新陰流の一手を使って勝ったことがあります。

海外では、スポーツチャンバラのような道具を使って、琉球古武術の試合が行われています。

日本でもやらないかなぁ・・・・・・・
posted by 桧垣源之助 at 10:43| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 古武道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月26日

木剣ショップHPリニューアル移転

私のところで使っている棒は、ここで特注したものです。
市販のものがあまり気に入らなかったので、サイズを指定して作ってもらいました。
とてもよい出来でした。


HPがリニューアルになったようです。


木剣ショップは2010年1月15日(金)にリニューアル移転いたしました。

・旧木剣ショップURL: http://bokkenshop.com/jpn/
・新木剣ショップURL: http://bokkenshop.net

リニューアルにともないまして下記の3点が変更となりますので
ご確認を宜しくお願い致します。

■【変更点】

■1.ご注文総額によります下記特別割引は終了致します。
 ・10,000円以上:5%割引
 ・20,000円以上:10%割引
 ・40,000円以上:20%割引


■2.会員ポイントシステムを導入致します。
 ・簡単無料会員登録後、ログイン頂くとご注文金額の
  約5%のポイントを付与させて頂きます。
 ・次回、ご注文時に1ポイント1円にてご利用頂けます。
 ・ご希望の会員様にはお得な情報やクーポンのついたメルマガをお届け致します。
 ・今なら新規会員登録するだけで、すぐに使える300ポイントをプレゼント!

 詳しくはこちらから!
   http://bokkenshop.net/html/notice.html?date=20100113154808&db=bokkenshop
 
 ☆簡単 1分で出来る無料会員登録は今すぐ こちらから☆
    http://bokkenshop.net/shop/member.html

※以前にメルマガ登録頂いた方もお手数ですが、再度、ご登録をお願い致します。


■3.送料について
  今まで商品代金額30,000円以上で送料無料でしたが
  注文代金10,500円以上で送料無料とさせて頂きます!

  更にお買い求め安くなりました!
  
  ※個別送料が設定されているメーカー直送の大型商品は対象外です。
  ※沖縄・離島への5尺以上の長物(棒・薙刀・槍等)は対象外です。
  ※海外発送は対象外です。

**************

posted by 桧垣源之助 at 12:17| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 古武道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月01日

ステンレス製トンファー(試作品)

DSC00213.JPG

以前、鉄製のトンファーがありましたので、自分でも作ってみようと思い、ステンレスパイプでトンファーを作ってみました。

木製のトンファーが450g、このトンファーは1200gくらいです。

練習用にするには丁度いい重さでしたが、やはり実物を作ってみると、図面ではわからないことがいくつかありました。

posted by 桧垣源之助 at 13:22| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 古武道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月24日

スルチンは健康器具♪

DSC00210.JPG

写真は、練習用に作ったスルチン。

分銅の代わりに、子供用のスポンジボールを使っています。

実は、健康器具だったんです♪

床に寝て、床と背中の間にスポンジボール部を当ててぐりぐりすると、指圧の代わりになることがわりました。

紐がついているので、寝ながら背中のスポンジボールの位置を変えるのに便利なんです。

こんなことで、喜んでいるなんて・・・・・・・・・・

やっぱり、年かなぁ・・・・・・・・・・orz



posted by 桧垣源之助 at 13:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 古武道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月08日

スルチン

DSC00210.JPG  surujin.jpg

最近のマイブームは、スルチンです。 

スルチンとは、琉球古武術の一武器で、鎖に分銅がついたものです。

語源は棕櫚(シュロ:樹皮で作ったロープ)に、文鎮(ぶんちん)のチン即ち錘(おもり)のことらしいです。

練習用のスルチンを作ってみました。

左が練習用、右が本物です。

ロープの結び目を、リングスプライス(ロープを輪にして、編みこむ方法)にしてみました。

この手の武器は、コントロールを誤ると自分に分銅が当たるので、気をつけなければなりません。

あと、からげ方(相手や相手の武器に巻きつける方法)に、ちょっとしたコツがあります。
posted by 桧垣源之助 at 11:29| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 古武道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月27日

トンファー

DSC00153.JPG


以前にも持っていましたが、新しく守礼堂のトンファーを買ってみました。

価格的にはちょっと高いけれど、振りやすくて気に入っています。

ただ、丸型だと軽くなってしまうので、もう少し太くしてもいいかなという感じです。

トンファーは、握りを緩めたり締めたりして使うために、突きの補助運動としても優れています。

空手をやるなら、琉球古武道はやるべきでしょう。



鉄製トンファー
http://auction.woman.excite.co.jp/item/109068419

↑ これはちょっと重すぎ・・・・・・・・・・・

鉄パイプで自作すれば、鍛錬用にはちょうどいいかも。
posted by 桧垣源之助 at 14:11| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 古武道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月21日

鉄甲(練習用)

DSC00136.JPG  tekko.jpg

琉球古武道の鉄甲の練習用に、木製の鉄甲(木甲か・・・?)のサンプルを作ってみました。

左が練習用、右が本物です。

鉄甲は市販されていないし、入手するとなると特注となってしまいます。

また、組技を練習するにも危ないので、以前から練習用のものを考えていました。

もう少し改良が必要ですが、なんとか使えそうです。

なんかフレックス・ザ・キャットみたいだ・・・・・・

posted by 桧垣源之助 at 14:26| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 古武道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月10日

棒を叩き折ってしまった。

棒術の稽古中に、相手の棒を叩き折ってしまいました・・・・・・・・・・・・・・・・・

裏打ち(剣道の胴打ち)をしたら、なんの抵抗もなくサクッという感じでした。

折れた箇所を見ると、その箇所だけ木目が複雑だったのが原因のようでした。

折れ口が槍のように尖っていて、逆にこれで刺されたらアウトです。
posted by 桧垣源之助 at 15:14| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 古武道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月22日

周氏の棍(大)

先週の稽古は、場所が取れなかったので、屋外で棒術の稽古ました。

年に何回かは、屋外での稽古ですが、意外と気持ちがいいです。

ただ、日が短くなってきているので、暗くなると自動的に止めることに。。。

で、型は周氏の棍(大)をやりました。

ちょっと、youtubeで見ると、いろいろな周氏の棍(大)が・・・・・・・・

演武の仕方は別として、動作くらい同じにならないのかなぁ・・・・・・・






posted by 桧垣源之助 at 08:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 古武道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月05日

人の手足は剣と思え!

船越先生の空手道20条に出てくるフレーズです。

本日は通常の練習に加えて、短刀相手の組手をやってみました。

練習用のヌンチャクを短刀として使いました。

これなら当たってもケガはしません。

いつもの受けを主体にした組手のあとに、相手に模擬短刀を持ってもらい、それを相手に素手で組手をしてみました。

受け技ができていないと、たった30cmの差で刺されて負けてしまいます。

結局、平安初段の下段払いスイッチステップ追い突きが、一番有効に使えました。

相手が短刀を持つと通常の下段払い逆突きでは、捌くのが難しいですね。
posted by 桧垣源之助 at 19:02| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 古武道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月29日

ヌンチャクの自由組手

土曜の稽古で、ヌンチャクの自由組手をテスト的やってみました。

ヌンチャクは、練習用に自作したものなので、ある程度痛みはあるものの、ダメージにはなりません。

お互いに防具をつけて、片方は短刀、もう片方はヌンチャクの設定で行ってみました。

中々、白熱した展開でした。
posted by 桧垣源之助 at 18:36| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 古武道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月20日

琉球古武道

先々週と先週の稽古は、場所が取れなかったので、野外で行うことになった。

凱旋塾は、もともと公園から始まったので、野外で練習することには躊躇がない。

今までも公園、河川敷などで稽古してきた。

今回は、BUMBのグランドの端の芝生で、琉球古武道の棒術を練習することにした。

2時間半すべて棒術である。

2回の稽古で、基本、型(太極、周氏小)、約束10本、連続15本をこなすことができた。

興味深かったのは、現役東大生は覚えるのが早かったことである。

やっぱり違うなぁ・・・・・・
posted by 桧垣源之助 at 19:02| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 古武道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする