2015年11月12日

先週の稽古:全体像

本日は、少人数・・・・・まぁ、細かく指導できる。


ストレッチ

基礎: 体重の掛け方による実験

基本:  下突きの実験

移動稽古、負荷をかけて移動稽古

押し合い、崩し合い

掛け手4種、掛け手からの投げ

約束組手:蹴りを捌いてグランドへ

型:平安五段:挙動、姿勢のチェックと実験

黒帯稽古:始めての座学
久保田伝は、15の型と15の術からなる。
古参の弟子には最近になって残りの7つの術をメインに稽古してきた。
ある程度できてきたので、始めて久保田伝の全体像を公開した。

全体像を理解するのと、理解していないのでは、雲泥の差となる。
全体像を理解しないということは、どこまでいっても部分の集合でしかない。
全体像を理解するということは、部分が結合するのだ。
ジグソーパズルを例にすると、部分の集合はピースが集まっているだけ。
部分の結合はピースがつながり、ひとつの作品となる。

もちろん、本当の稽古はここから始まる・・・・・・
習ったものを自分のものにして、自分自身のインデックスを作らなければならない。

実技:○○のコントロール
沖縄剛柔流の久場先生の技を返した方法もこの術の応用だ。
さらにこの反し技の反し技も・・・・


しかし、よくここまで来たもんだ・・・・・・

posted by 桧垣源之助 at 15:22| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 稽古 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/429485792
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック