2015年08月08日

父が亡くなりました。

父が昨日夜に亡くなりました。
享年86歳。
私が武道を始めるきっかけも父の影響でした。
柔道五段、合気道4段、剣道3段。
私が成人してからは、父とはあまりいい関係ではなかったが、
介護が必要となってからは、少しは孝行できたと思う。
あと少し生きていて欲しかった。
posted by 桧垣源之助 at 06:45| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
桧垣先生


お父様が亡くなられたとの由、
お悔やみ申し上げます。

武道を始めた少年時代、お父様は先生に
とって、大きな大きな存在、だったでありましょうか。

青年になって、お父様と反目するように
なったとのこと。私にも経験があるので、
とてもよくわかります。

私事ですが、父が46歳で亡くなったとき、
私は22歳でした。

当時、父の存在が私にとって重たいものであったので、
父が亡くなったとき、ほっとした。
いや、せいせいした気持ちがありました。

ただ、40代の半ばに達しつつある今、
父と酒を酌み交わしたい・・・、と思うときがたびたびあります。

桧垣先生は介護を一生懸命やってらした様子がブログから伺われますので、
お父様も嬉しかったであろう、と、介護の仕事に携わっている私はそのように思います。

ご身辺が落ち着かれましたら、
こちらのブログをまた再開されてください。

私自身は空手から離れてしまいましたが、
先生のブログを読むことで、空手の奥深さを感じております。
ユーモアセンスのある先生の文章を好ましく思っております。
Posted by ブログの一ファン at 2015年08月09日 12:14
ブログの一ファンさんへ

コメントありがとうございます。
昨年4月に父が脳梗塞で倒れ、9月に病院から退院して帰宅しましたが、昨年は2週間ごとに病院を言ったりきたり。
最近になってなってやっと容態が安定してきて、このまましばらくはなんとかなるかと思っていたので残念です。
父と母のダブル介護だったので、本当に大変でしたが、もう少し生きていて欲しかったと思います。

Posted by 桧垣源之助 at 2015年08月18日 21:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/423787822
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック