2014年03月02日

昨日の稽古:燕飛

また、寒さがぶりかえしてきた・・・・・


基礎、基本、移動稽古

押し合い、掛け手、掛け手からの投げ

古参K氏が、茶帯T氏を褒めていた。

確かに、上手くなっている。

約束組手:高速上段突きからの連絡技

技限定組手

型:ワンシュウ(燕飛)。分解2手

今日から燕飛。

この型は、昔私が習った挙動と、現在の挙動は少し違う。

以前にも書いたと思うが、最初の挙動の右手は斜めではなく、真下である。

ひとつ目の分解:尺骨投げ

知らないうちに、名称が付いていた・・・・・・・

まぁ、内輪で解ればいいので、気にしない・・・・・

尺骨投げといいながら、橈骨も使う・・・・・・・

気にしない・・・・・・・

この技は以前、久場先生に「これなら投げれるね」と言われたもの。


2つ目:連突きからの足払い


<<帰りの会話>>

「型のとおりにやると、初めてやった人でもできてしまう。」ということが話題になっていた。

posted by 桧垣源之助 at 15:21| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 稽古 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/390268851
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック