2010年10月07日

空手と剣術の相違

松村宗棍が示現流(小示現流)を収めたことから、示現流とマキワラの関係など、空手と剣術の共通点を挙げて説明されることがあります。

しかし、示現流とマキワラの関係については、最近言われ始めたことです。

鍛錬のために用具を打つのは、中国武術に多く見られる方法ですので、示現流が原点かどうかは疑わしいと思っています。

また、空手には文献がなく、剣術には多くの文献が残されているために、空手における武道用語のほとんどは、剣術の借用となっています。

共通点もあるかもしれないが、似て非なる部分もあります。


今年になって、稽古の最中に剣術で使われる撞木立ちと、空手の前屈立ちの相違を説明しました。

実験をしてみると、明らかに相違がありました。

大きな違いは、威力を刀にゆだね剣術と、威力を自分自身の五体で作り出さなければならない空手の違いということだ思われます。


富山にいる弟子もいろいろ実験した結果、同じような結論になっていました。

彼は、清水万象先生の(民弥流・駒川改心流・四心多久間流・椿小天狗流・小栗流、松濤館空手)
)系統の剣術を、清水先生の高弟に習っていました。

残念ながら、最近事故で亡くなられましたが・・・・・・・・・・・

因みに、清水先生は、船越先生の初期の弟子の一人で、松濤館で最初に支部を作った人です。

また、清水伝の空手は、久保田伝の内容と非常に近いらしいです。



彼の文書を引用します。

太極棒の研究を良くやっていますが、他に
空手で剣術や居合をやってみることを実験しています。
おおざっぱに言うと、剣という重さで斬れるものを使う以上、
基礎部分に共通性があったとしても、無手の技術とは
どこかで似て非なるものになるのですが、
第一に立ち方にその違いが現れます。

いわゆる撞木に代表される剣術の立ち方は、
ある部分では空手の立ち方と共通する要素もありますが、
明確な大きい違いもあります。

斬り易いか打ち易いかの違いで、それぞれの技術を最大限に
発揮するよう設計された立ち方でしょう。

ではナイハンチ立ちをはじめとした空手の立ち方では、
剣は使えないのか。

ということでいろいろと試してみるのですが、
今のところ、おそらく成立が古く「打ち」「叩き斬り」の要素が強い
技術については、空手の立ち方の方が威力を発揮しやすいものもあります。
ただ、隙が少々大きくなってしまうため、木刀までの勝負なら、
あるいは空手の立ち方の方が有利な場合もあるかもしれませんが、
真刀でとなると当然ながらやはり、餅は餅屋という結論になりそうです。

************
posted by 桧垣源之助 at 19:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 上達論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/164987275
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック