2010年09月07日

地力の養成

一昨日は、沖縄の先生の講習会に参加させていただいた。

テーマは、「地力と型」。

今回は、できるだけ色々な人と稽古することを心がけました。


・手を合わせて横へ崩す
単純な動作であるが、崩そうと思うと力まかせになってしまう。
四苦八苦していると、先生がきて細かく説明してもらい、さらに補助してもらうと、相手が「すっ」と崩れた。
脇の締めと崩す方向が微妙だが、できたときの感覚は残ったので、この感覚を頼りに自分で稽古してみようと思う。
この感覚を得ただけでも、来た甲斐があった。

・手を掴ませて、投げる。
崩す動作は受け、そのまま踏み込んで投げるまで。

・突きに対して、下段受けで崩す。
これはなんとなくできた。
久保田先生も似たようなことをしていたのを思い出す。

・棒での押し合い
一気に汗が噴きでる。

・掌底で相手を動かす。

・ナイハンチ

時間が経つのが早い。

空手の講習会で突き蹴りを行わないで、基礎鍛錬を徹底して行うところは無いでしょうね。

最後は皆で記念撮影。

・懇親会
新たに知り合った人も多く、楽しく歓談させていただいた。
話の内容もマニアックだ。

2次会に拉致されそうになったが、次の日のこともあるので帰ってきた。

とても勉強にになる講習会でした。

ありがとうございました。
posted by 桧垣源之助 at 12:31| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 鍛錬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック