2009年09月15日

糸洲十訓を主婦が実行・・・


http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090915-OYT1T00627.htm?from=rss&ref=mixi

空手三段主婦、ともえ投げで自動車盗“御用”

 15日午前6時35分頃、大阪市福島区福島1の路上で、駐車中の軽乗用車に男が乗り込んでエンジンをかけようとするのに、そばにいた車の所有者の大阪府大東市赤井の主婦、山内麻理子さん(45)が気づき、男を引っ張り出した。

 男が殴りかかってもみ合いとなり、山内さんは男をともえ投げで投げ倒して取り押さえ、駆けつけた福島署員が強盗致傷容疑で現行犯逮捕した。山内さんは顔などに軽いけが。

 発表によると、男は住所不定、職業不詳青木亮容疑者(24)。調べに対し「覚えていない」と容疑を否認しているという。

 山内さんは空手三段で、スポーツクラブに向かうところで、車から降りて準備運動をしていたという。車内助手席には友人女性(46)が乗っており、「(車を)行かせたらあかんと思った。本気で反撃すれば、相手にダメージを与えるので、手加減した」と話している。
(2009年9月15日14時11分 読売新聞)



糸洲十訓 第1項

原文
唐手は体育を養成する而己ならず何れの時君親の為めには身命をも不惜義勇公に奉ずるの
旨意にして決して一人の敵と戦う旨意に非ず就ては万一盗賊又は乱法人に逢ふ時は成たけ打
ちはずすべし盟て拳足を以て人を傷ふ可らざるを要旨とすべき事

現代文
唐手は体育を養成するだけでなく、いつのときでも国、親のためには身を犠牲にしてでもつくし、
一人の敵と戦うのが主旨ではなく、万一盗賊、無法者に会ったときでも、なるべく拳足を使って傷つけないように心掛けること。


すごいね。
posted by 桧垣源之助 at 15:53| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック