2016年08月08日

君子の武道

空手は君子の武道と言われる。

空手をやると君子となるのではない。

君子しか空手をやるべきではないという、戒めの言葉である。

久保田先生は、「師弟関係を結ばないものには教えてはいけない」と言われたことがあった。

当時は「何を固くるしいことを言っているのか」と思っていたが、

自分が教える立場になって、だんだんと師の言われることが理できるようになってきた。

現代では空手は趣味のひとつかもしれないが、昔は誰にでも学べるものではなかった。

古伝の技術の伝承は、師弟の信頼関係でなりたっている。

ただそれだけである。

たまにではあるが、「空手は君子の武道」という言葉をかみしめなければならない時がある。

posted by 桧垣源之助 at 23:24| 東京 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする