2014年02月25日

先週の稽古:足払い

ちょっと暖かくなってきたか・・・・・

基礎、基本、移動稽古

押し合い、掛け手、掛け手からの投げ

約束組手:足払い3種

床が畳だと、練習しやすい。

柔道の技と違って、引き手を取ることができないので、練習には注意が必要だ。

足払いのポイントは、タイミング。

<<昔話>>

中学生で柔道をやっていたときに、足払いが中々できなかった。

毎回、打ち込みと同様に、道場の端から端まで移動しながら、送り足払いの稽古があったが、出来る人はあまりいなかった。

足払いを掛けるが、相手を投げられないで終わってしまうパターンがほとんどだった。

要するに、約束稽古で相手が抵抗していいるわけでもないのに、技が掛からないのだ。

その中で、一級上の先輩で、驚くほど足払いが上手い人がいた。

見取り稽古のときに、よくよくその先輩を観察していると、どうも他の人とタイミングが違うようだった。

そのタイミングをまねると、なんとかるーく相手を投げることができた。

できてみると、「力が要らないとは、こういうことか」と思った。

それ以来、私の得意技になった。

<<昔話終わり>>


技限定組手:コンタクト一個紛失・・・・・

型:パッサイ(抜塞):分解4手


<<稽古の帰りの黒帯と白帯の会話>>

白帯「H先輩に、技が全然かからないんですよ。」

黒帯「あー、H氏は掛からないよ。」
   「俺もH氏やK氏と稽古して、全然技がかからないくて毎回へこんで帰った。」
   「なんて俺は才能がないのかと長い間なやんでいたけど、他のところで稽古すると技が面白いようにかかって自分で驚いたよ。」

白帯「それ聞いて、少しは安心」

黒帯「俺のときは、こういう話をしてくれる先輩がいなかったから、悩んだよ。」

<<会話終了>>


そばで聞いていて面白かった。
posted by 桧垣源之助 at 22:11| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 稽古 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月16日

昨日の稽古:一点一側と雪ごったく2

雪が結構残っている・・・・・・・

雪のために来れないメンバーがほとんど。

やはり、少人数しか来られなかった。

床が冷たい・・・・・



基礎、基本、移動稽古

押し合い

掛け手、掛け手からの投げ


人数が少ないので、お約束の脱線・・・

掛け手のバリエーション

掛け手からの投げ:インサイド

一点一側のバリエーション:四つに組んでからの一点一側

理合は同じでも、技が変わると難しいものだ。


型:パッサイ(抜塞):山突きの分解3手

先ほどやった一点一側を使って、分解をやってみる。



雪ごったくのコツを使ったら、雪かきが倍くらいスムースに出来たそうだ。

追加のコツを伝授

1:シャベルをコンロであぶってから、ろうそくを塗るときれいに塗れる。

2:腰を曲げない。

メンバーには消防関係者がいて、彼らに聞くと、雪かきで腰を痛めて救急搬送される人が多かったそうだ。

雪かきで腰を痛める原因のひとつは、腰を曲げてやるからだ。

コツは、腰を曲げないで、膝の屈伸で行なうことである。

たった1日の雪で、腰を痛めていては、雪国では通用しない。

私が以前住んでいた場所は、積雪4mの地域だったので、これだけは負けないかも・・・・


3:汗をかかないように雪かきをする。

雪かきをして、汗をかいてはいけない。

止めたとたんに、汗が冷えてカゼをひくからだ。

雪国で、毎日長時間雪かきをするための、先人の知恵に感謝。


posted by 桧垣源之助 at 19:45| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 稽古 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月08日

今日の稽古:雪ごったくのコツ

今日の稽古は、大雪のため、お休みにした。

雪かきを新潟の方言で「雪ごったく」という。

もう2時間やっている・・・・・・・・

稽古と同じじゃないか・・・・・・・


雪ごったくのコツは、スコップを台所へ持っていき、コンロであぶる。

熱くなったところで、ろうそくを塗る。

ろうそくが解けて、きれいに塗れるので、スコップに雪が着かない。

これをやるだけで随分違う。

雪が着かないので、雪を放るにも都合がいいのだ。
posted by 桧垣源之助 at 21:50| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月02日

昨日の稽古:足でのる

母の介護が手間取り、遅めについた・・・・・

いつも号令をかけるH氏が休みのためか、全体的に時間がずれ込んでいる・・・・


ストレッチ

基礎、基本、移動稽古、負荷をかけて運足。

押し合い。

掛け手からの投げ。

  茶帯のレベルが上がってきているようだ。


約束組手:2手

技限定組手(防具):

  黒帯氏のカウンターが効きすぎるアクシデント・・・・・・防具を付けていても危ないかも。


型:パッサイ:分解3手

 どれも足で「のる」

 今までは、手で行なっていた術を足で行なう。


シャワーのお湯がしばらくでないらしい・・・・・・

危うく滝行をするところだった。
  
posted by 桧垣源之助 at 20:46| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 稽古 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。